グラセコベーシックキットで洗面台をガラスコーティングしてみた|ガラスコーティング、無機塗料のご相談なら東京杉並区のコスモテクノロジーへ。環境に優しく、長寿命・高耐久・高耐候・防汚・省エネのご提案を行っております。

GLASSECO LABO

グラセコベーシックキットで洗面台をガラスコーティングしてみた

GLASSECO LABO

水アカやカビ、油脂分などがつきやすく汚れが気になる洗面台。

常温ガラスコーティングで汚れをつきにくくし、
メンテナンスの手間とコストを下げることが可能です。

まずはすでに付着している汚れを落とし、
キレイになった洗面台にガラスコーティングをします。

まずはこちらの施工動画をご確認下さい。

コーティング後の撥水性の高さを見ていただければ、
汚れが付きにくくなることがご理解いただけると思います。

グラセコベーシックキットを使って、

ガラスコーティングを施工する手順は以下の通りです。

th_20140327_084507

まずは下地処理です。CLEANINGと印字された箱にクリーナーが4種類入っています。

th_20140327_083946th_20140327_084003

 

今回は陶器に最適なグラセコクリーナー(サビ取り・尿石除去剤)を使用します。

th_20140327_084109th_20140327_084137

 

全体にスプレーした後、浸透のために少し時間を置いた後、

メラミンスポンジで全体の汚れを除去します。

縁などは歯ブラシを使うのも効果的です。

th_20140327_084424th_20140327_084410

汚れを落として乾燥させた後、

コーティング前の最終仕上げにグラセコクリーナーIPAを全体にスプレーし、

拭き取ります。

th_20140327_092230th_20140327_092442

乾燥後、いよいよコーティングを開始します。

th_20140327_091902

 

トレイに常温ガラスコーティング剤を注ぎます。

 

 

th_20140327_091927

トレイの中の常温ガラスコーティング剤に塗布用クロスを浸し、

全体をまんべんなくコーティングします。(透明のため、塗り漏れが無いよう注意します。)

この時に不安だからと何度も塗り重ねて厚塗りしすぎてしまうと後に割れやすくなってしまいます。2回程度重ねるのが理想的です。

th_20140327_092503th_20140327_094017

 

半日程度かけて自然乾燥させた後、水をかけてみると、

撥水性が高まっているのを実感いただけます。

th_20140327_181517th_20140327_181638

徐々に撥水性は落ちますが、汚れの付着を防止し掃除がしやすくなります。

 

以下は別の洗面台での施工事例です。

GlassEcoベーシックキットは

GlassEcoStoreでお買い求めいただけます。

定価は45,000円(税込み、送料込み)です。

 

<GlassEco(読み:グラセコ)とは?>

株式会社コスモテクノロジー(http://glasseco.jp)が提供する無機化学を中心としたテクノロジーブランド。

 

ページトップへ